P1000360.jpg
過去の扉絵
人形劇団ひとみ座「ズッコケ時間漂流記」上演班のブログ
おかげさまで11周年



記事の抜粋
ハカセ骨折ズッコケ班最大の危機ハカセ復帰オオカミ少年と呼ばれた女
ズッコケバンドうっかりハチベエバックステージ夏休み初演の事節分
モーちゃんのリュックの中身お世話になりました日記帳停電アミニズム
ロビソン・クルーソーお蔵出したがか袋、されど袋8人目のメンバー
人形劇的暑蒸対策パパイヤ鈴木さんと屋久島公演トラックハマる
4125キロ|お蔵出し2

メンバーの加入、脱退
原広道脱退田中弘映加入石井セリ脱退西田由美子加入山本幸三加入

事故脳内シュミレーション

2008.10.31 [ Edit ]

P1000007.jpg

深夜の高速道路の車の運転というのは、大変な危険を孕んでいる。
ただでさえ変化の乏しい風景を、夜の暗闇がすっぽり覆い、
目に映る情報量を極限まで削ぎ落としてしまう。

外部からの刺激が少なくなると、脳の働きが著しく低下し、
何かもうぼーっとしてしまう。上演後の疲労もあり、
気を抜くと車もろとも、あっちの世界に行きそうになるので油断ならない。

そうならない為には、やはり脳に刺激を与える事が一番で
情報を入れる、発信する「会話」が一番いい方法なんだろうけど
深夜の車内の会話は何か苦手だ。闇の神秘さがそうさせるのか
会話内容が無駄に大仰かつ熱くなる傾向がある気がするからだ。

最近良くやるのは、事故脳内シュミレーションという方法で
もし、外壁にぶつかったら、車と衝突したら、蛇行して横転したら、
など、ちょっと先の未来で、もしかしたら起こるかもしれない事故を
脳内で細かく想像してみる。

調子がいいと、まるで映画みたいに細部に渡り、脳内に映像が映る。
そうなると背筋にひんやりと冷たいモノが走り、意識がキッと覚醒し、
車の運転に意識が集中されるのだが・・・



その日はダメだった。



調子が良すぎて、事故をさらに超え、僕の葬式までいっちゃったからだ。
悲しんでいる親族を見ていたら、もう気分がどんよりしてしまって、
とても運転する気分になれない。すぐに近くのSAに入り運転交代。





もう時間は22時過ぎ。



闇を走るトラックの助手席で、



ちょっと泣きそうになったのは内緒の話である。(岡本)

骨折した日のこと

2008.10.28 [ Edit ]

2007年10月4日PM9:30
長野で2ステージの上演後、車で移動して、帰団。
暗がりの中、階段を下りようとしてつまずき、頭から落ちるのを防ぐため咄嗟にジャンプした。
階段の一番下まで飛び、足から着地。そのまま前のフェンスにぶつかって止まった。
我に返ると左足に激痛。歩けなかった。
食堂でメンバーの声がしたので呼んで事情を説明。
この時間、直接病院に行っても診察してもらえないと思い救急車を呼んだ。
とにかく翌日の上演の事が心配なので、少しでも早く診断してもらおうと近くの整形外科に運んでもらった。
慣れない看護婦がレントゲンを二回も撮り直し、年配の医師が診断。
「捻挫です。」
湿布を貼り、翌日あらためて来院するように言われる。
急いで劇団に連絡。
「捻挫だそうです。ただ足がまったく着けないので明日の上演は難しいです。」
「明日の事は心配せずにゆっくり休め」と言われ、帰宅。

翌日、再び病院へ。別の医師が診察。レントゲンを撮り直した結果、左足の踵の骨が粉砕骨折していた事が判明。

徒手整復(ほねつぎなどで骨折を医師が手で治すもの)で、何度も何度も、踵の骨を引っ張られる。物凄い激痛。いったん休憩して、また何度も何度も。
正直、かなりきつかった。

治療後、「このままギブスで固めても大丈夫だと思うが、踵の骨折は後遺症が残る可能性が高いので、念のため、大きな病院で診察を受けてください」
紹介状をもらう。

その後、劇団に報告に行ったら、昨夜メンバーが召集され稽古直しをして上演に行っていると知る。延期になったとばかり思っていたのにショックだった。

大病院の診察結果は、即日入院。二週間後に手術だった。   (龍蛇)

感動の連鎖

2008.10.23 [ Edit ]

昨日は、茅ヶ崎市内の小学校で公演がありました。
先生が、5年前に働いていた小学校でズッコケを観て感動して、また、今の働いている小学校でも呼んで下さったという事です。
こういうのすごくイイですね~(^-^)
感動の連鎖。

私も6年前、まだひとみ座に入る前に、新宿の朝日生命ホールで、お客さんとして観て、すごく感動した事を覚えています。(そしてひとみ座に入っちゃいました(笑)


あの時の感動を、今は役者としてお届できる事を心から幸せに思います。
近年、不景気から生の舞台を観るという事がとても贅沢な事の様になってきています。
小学校の演劇教室も昔に比べて次第に減少しているのが現実です。
しかし、このような時代だからこそ、子ども達の心に明るく楽しいお話しを届けたい!と踏ん張ってくれる学校の先生や劇場の方達も沢山いらっしゃいます。

そして、実際に観てくれた子どもから「感動した!」「楽しかった!」と生の声を聞いて、やっぱり私達は、この笑顔のために、質の良い芝居を頑張って創っていかなければならないな~と感じます。

昨日も、子どもから
「楽しかったよ!」
とひとみ座宛てにメールを頂きました。

思わず飛び上がる位、嬉しかった!!

そのメールにまた感動。感動の連鎖は、劇が終わっても続いてます。
本当に勇気と元気をもらいます☆

日本の子ども達が、みんなズッコケを観てくれたら嬉しいなぁ!

そして、みんなが笑顔になってほしい。

さて!
今日も、大冒険に出発だ~♪

みさと

この頃

2008.10.22 [ Edit ]

この頃朝4時に起きる日が続いている。
べつに新聞配達を始めたのではない。上演に行くためである。

学校の授業の関係上、午前に2ステージ上演する場合は1ステージ目は8:40くらいに始まる。『ズッコケ』は仕込みに2時間かかるので学校へ到着するのは6:40(担当の先生ごめんなさい)。
上演地にもよるが余裕を持って出たいのでどうしても始発近い電車になってしまう。

朝ごはんも食べてゆくがそんな時間なので学校についたら小腹がすく。
おにぎりは必須だからそれを作る事を逆算していくと朝4時起床となるわけだ。

朝4時は真っ暗だ。朝じゃない。
ご近所を忍んで玄関のドアをしずかに閉めて外に出たら、まだ街は眠っている。…泥棒するならこの時間かも知れない。

先週引越したばかりだからお隣さんも「こんな時間に出ていって一体何の職業なんだろう」とお思いか…
ハイ!人形劇団員です!

西上

カボチャの日!

2008.10.20 [ Edit ]

081018_1406~02


前回のブログでセリちゃんが書いたように、ひとみ座のハローウィン企画《モンスターズパーティー》が始まった。


初日は平塚駅ビル「ラスカ」 ズッコケ班からは、みさと、セリ、たさかの3人が出演。


司会の見習い魔女《マジョリカ》の“みさと”が黒いトンガリ帽子に黒マントで舞台に出ると、同じ様な黒とオレンジのいでたちの子ども達が、ほっぺにカボチャのフェイスペインティングをして、すでに妙なハイテンションで奇声を上げる。


今回わたしはウルフボーイ、ほねほねのガイコツくんと人形遣いに専念しているのだが、みんなで唄うシーンなど、子ども達がその気で来ているので、こちらの方がタジタジ。

かくして会場はあやしいチビッコ達に占拠されたのである。


それにしても、このスタバのとなりの野外ウッドデッキスペース、ハーブも植わって素敵だけれど、10月半ばすぎとは言え晴天に黒づくめの衣装には、暑かった~!



25日は小田原ラスカで公演。

是非あなたも、変装してお集まりください。

081018_1401~01

たさか

ハロウィン

2008.10.16 [ Edit ]

最近町を歩くと、ケーキ屋さんやアイスクリーム屋さん、雑貨店のハロウィンの飾り付けが目につきます
仮装してお菓子をもらってまわるなんて、子供の時にやりたかったー。

ひとみ座ではハロウィンの作品を上演します。
タイトルは「モンスター・パーティー」

けこみには、こんなジャックオランタンが!
ハロウィン

そして、モンスター登場!ホネだ!
081001-01.jpg

他にも色々なモンスターが登場します。
今月の週末に各地でやっているのですが、
今週は18日に平塚ラスカ、19日はららぽーと横浜2階NAMCOLAND KID’S(ナムコランドキッズ)であります。
ラスカでは、この人形劇の他にスタンプラリーに参加してお菓子をもらえたり、簡単な人形を作ったり一日楽しめるイベントをやっているそうです。
ズッコケ班からは、田坂さん、みさとさん、私が出ています。日によってキャストは変わるんですが。
ハロウィン気分を味わいにぜひ!



最近思うこと。

2008.10.10 [ Edit ]

20081010104604
5日は綾瀬市文化会館で上演でした。

ホールの上演は、
演劇鑑賞教室での小学校体育館公演とちがって、舞台と子どもたちとの距離がちょっと遠い気がするのだけれど、

子どもたちは、笑って食い入るようにみて楽しんでいました。
そして、上演後はキャスト全員が人形をもって客席まで行き、こどもたちのお見送り…。


子どもたちは
舞台でみていた人形が間近でみられて、驚きながらもとっても嬉しそうでした(^O^)

お見送り後、客席で撮った写真デス。



8日は、横浜市港北区の小学校、9日は足立区の小学校で公演。

どちらの小学校でも
上演中こどもたちの笑い声が絶えませんでした。


最近思うのは、
この仕事は小学校で演劇をする。特に人形劇というジャンル。
職業としては、非常に特殊なんだなぁと。


子どもたちの笑い声を聞ける職業。
なかなかないですよね。
素敵だなぁと。


子どもたちの笑い声は、なんだかとても幸せな気持ちにさせてくれ、心が満たされる感じがします。

そんなことを、ここ最近、今更ながら思いました。


(はら)

モーちゃんのリュックのお菓子は○○カロリー!

2008.10.10 [ Edit ]

昨日、夕方のニュース番組で、小学生のダイエット合宿の特集をやっていました。
画面には、モーちゃんみたいな体格の良い子が沢山!
専門の指導員の元、子ども達がおやつのカロリーを計算しながらお菓子を買ったり、
遊びながら身体を動かしてカロリーを消費したり。
子ども達の、慣れない運動を頑張る姿、空腹と戦いながら低カロリーの食事でいかに満足するか等の奮闘ぶりは、思わず「頑張れ~!」と応援したくなりました。


モーちゃんも、実はダイエットに挑戦した事があります。
978-4-591-03246-6.jpg
(気になる人は、『ズッコケ3人組のダイエット講座』那須正幹著/ポプラ社を読もう!)

でも、本人が気にしていなくて、健康に支障がなければ、特にダイエットはしなくてもいいと思うけど、
モーちゃんの場合、身長158cm体重63kgと、明らかに体重オーバー。
健康についてはかなり不安があります。

本昨品『危うし!ズッコケ探検隊』で、モーちゃんの背負ってきたリュックの中身は、大量のお菓子や缶詰ばかりで、ハチベエやハカセが驚くシーンがあります。
このお菓子のおかげで、ハチベエたちは命拾いする訳ですが、
モーちゃんは、本当に食べるのが大好きなんだなぁーと思います。
でも、もしも無人島に漂流しなかったら、一人で食べていたのかなぁ。


ズッコケ班は基本的に旅公演が多く、食生活が乱れがち。
地方へ行かない公演の時も、舞台設営のため、早朝から仕事で体力勝負。
メンバーは体調管理に気をつけて、良いコンディションで公演ができるようにしています。
特に私は、食品のカロリーや、運動における消費カロリーには非常に興味があります。

という事で…今回は、モーちゃんのリュックの中のおやつのカロリーを計算してみました!


クラッカー 876kcal
チョコチップクッキー 335kcal
ポテトチップス 253kcal
チョコレート① 275kcal
チョコレート②220kcal
チョコレート③164kcal
ラムネ 110kcal
パインの缶詰 336kcal
バナナ 80kcal

合計 2649kcal!!

2649kcalといえば、成人男性、一日の摂取カロリーよりも高い!
ダイエットするなら、おやつは150kcalまでにしましょうと、昨日のニュースでも言っていましたが、
なんとその17倍のカロリーのおやつを、リュックの中身に入れていたんです!
思わず私も私もビックリ…
3人で分けて食べてよかったね~。

ちなみに、ズッコケ班も毎日おやつをみんなで食べます。
おやつはみんなで仲良く食べよう!

みさと

くり

2008.10.09 [ Edit ]

kurikuri.jpg

家の近くに栗の木が生えており、ぽこぽこ栗がなっています。
イガイガの中に固い茶色の皮があって、その中にやっと実が入っている。
食べるのはめんどくさいけど、かわいらしいです。
小さい秋でした。

10月になりました

2008.10.04 [ Edit ]

10月。いい風が吹いてますね。
食べ物が美味しい季節。さんまとかねー、栗ごはんとかねー
挙げれば切りがないですね。
まぁ食欲の秋は置いといて、秋はね、そう芸術の秋ですよ。
というわけで、ズッコケ班は各地の小学校の演劇鑑賞教室に呼ばれています。
今日は愛知県、昨日は長野県での上演でした。

そして、あさって5日は、綾瀬市文化会館
これは一般の方に見ていただける公演です。
チケットはまだあるようです。ぜひご来場ください!!
上記のお問い合わせのところをクリック!

プロフィール


累計発行部数2300万部、国内の児童文学としては最大のミリオンセラーである、那須正幹作「ズッコケ三人組シリーズ」。
ひとみ座は1993年に「ズッコケ三人組」、第2弾として「あやうしズッコケ探険隊」を人形劇化し、これまでの累計公演数は2,000ステージを超え、延べ観客人数は100,000人にも及びます。
現在は人形劇「ズッコケ三人組シリーズ」第3弾として「ズッコケ時間漂流記」の人形劇を全国で上演しています。
その上演班、通称「ズッコケ班」のブログです。
hitomi_01.jpg
kitaro.png


     ●キャスト●
ハチベエ   松本美里
ハカセ      森下勝史
モーちゃん  岡本三郎
平賀源内   白井赫
佐竹左門   小林加弥子
千次      来住野正雄
おしの     松島麗


ご来場ありがとうございます!
ブログ記事の感想、劇を見た感想、
質問等ありましたら
各記事の一番下の「Comment」というところをクリックすると書けるところにいけますよ。
メールでという方はこちらから
たくさんの感想お待ちしています。

作品の詳細に関しましてはひとみ座
左上の「全国巡回レパートリー」から
詳細が見れます。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム