P1000360.jpg
過去の扉絵
人形劇団ひとみ座「ズッコケ時間漂流記」上演班のブログ
おかげさまで11周年



記事の抜粋
ハカセ骨折ズッコケ班最大の危機ハカセ復帰オオカミ少年と呼ばれた女
ズッコケバンドうっかりハチベエバックステージ夏休み初演の事節分
モーちゃんのリュックの中身お世話になりました日記帳停電アミニズム
ロビソン・クルーソーお蔵出したがか袋、されど袋8人目のメンバー
人形劇的暑蒸対策パパイヤ鈴木さんと屋久島公演トラックハマる
4125キロ|お蔵出し2

メンバーの加入、脱退
原広道脱退田中弘映加入石井セリ脱退西田由美子加入山本幸三加入

スポンサーサイト

--.--.-- [ Edit ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一枚

2009.07.29 [ Edit ]

飯塚コスモスコモン
CA3NBh4POhj.jpg
スポンサーサイト

本日の一枚

2009.07.28 [ Edit ]

岡垣サンリーアイ
CAV70VIBhj.jpg

夏休みだぁああ!!

2009.07.28 [ Edit ]

夏休みに入りましたね~。
夏休みに入ったというのに、生憎の梅雨空続きでいやになっちゃいますね~
みなさんは、夏休みの予定は決まりましたか?

私たちは夏休み中は、学校上演はお休みですが、イベント参加やホール上演などで、やはり各地を廻ります。

まず、7月25日・26日に日生劇場で『小さな山神スズナ姫』を上演しました。
ズッコケ班からは3人が出演しました。
たくさんの方に観に来ていただき、大盛況だったそうです。
田坂さん、美里ちゃん、西上さん、お疲れ様でした。


同日、7月26日に川崎市民プラザにて、『人形劇まつり』が催されました。

今年も我がひとみ座は、出店&上演しました。
ウレタン人形販売&製作教室にはたくさんのお客様が来てくださいました。

販売した人形は、ブタ・ウサギ・カエル・オオカミの4種類。
私も及ばずながら、子供達の人形作りをお手伝いしました。
子供達が作る動物は、どれもこれもとても個性的で、出来上がる度にビックリ!

上演された中村孝男さんの一人芝居も大好評でした。

ウレタン人形の販売&製作教室は、沖縄でのキジムナフェスタ(8月1日~8月9日)でも行います。
キジムナフェスタでは、ブタ・ウサギ・カエル・オオカミの他に、ワニも販売します。
かなりレア物ですよ(笑)

『あやうしズッコケ三人組』も8月6日(木)上演します。
ぜひ、キジムナフェスタに遊びに来てくださいね!


そしてその他にも、ズッコケ班は、沖縄も含めいろんな所に行きます。
(上記の公演情報参照)

夏休みならではの、ホールや会館上演です。
ズッコケ班一同、各地でたくさんの方にお会い出来るのを楽しみしています。
ぜひとも、観に来て下さい。
みなさんのお越しをお待ちしておりま~す(^0^)/

いろいろ話してみよう

2009.07.26 [ Edit ]

ちょっと長めの旅が始まりました。

本日はその移動。
最初の目的地である福岡を目指して、トラックを運転中です。

さすがに陸路はきついので、途中大阪からフェリーに乗り、山口の新門司へ。
そこから走り、目的地福岡へ。
明日の昼ぐらいには到着するかと。

ドライバーは岡本と田中。
多く語らない、この二人の車内は静寂につつまれており、コンビ組んでまもないのに、
すでに10年以上組んでるかのような倦怠感を醸し出しています。

まぁ、お互い会話のキャッチボールが下手なので、それもやむ無しなのですが、
せっかくの機会なので色々聞いてみようかと思います。

メールで。

1メートル未満の距離にいながら、ネットを介してのコミュニケーション。
その奇妙なやりとりをお楽しみ下さい。


※※※※※※※※※※※※※


岡本
「えーと田中君は最近面白い事あった?」(12時23分)

田中
「いやはや、今、流行の(?)交換日記みたいですねー。
さて、最近あった面白いことは…最近かは疑問ですが、十年ぐらい前に、
発砲スチロールのボールで友達とキャッチボールしたのは、大変に面白かったなぁ。
空気抵抗のせいか、驚く程、変化球が曲がりました。
魔球を投げられる快感に酔いしれたものです(しみじみ)。
では、こちらからも、岡本さんに質問です。
岡本さんの座右の銘は何ですか?」(13時15分)

岡本
「微妙に返答に困るエピソードですな。
ここは「昨日見た日生劇場のスズナ」と言えば、参加してるメンバーの事を語れて、
話が広がったのに
出発の時、田中君はスズナはおもしろかったと言ってたから
これだろうと予想してたのだが。最初からキャッチボールが暴投気味で面白いです。
座右の銘については残念ながら「ない」。
変に銘とか決めると縛りになる可能性があるので。
基本、臨機応変と言う事で。
あれ?これが座右の銘になるのか?」(16時15分)

田中
「なかなか、どうして会話というものは、諸行無常と申しますか、
どのような方向に行くかわからないものですねぇ…(苦笑)。
臨機応変とは、変幻自在、忍者みたいなものでしょうか。格好いいですよね~、忍者」(16時52分)

岡本
「まぁ、臨機応変と言うほどキビキビはしてはないか
行き当たりばったり」が正しいかも。
忍者といえば、前、アメリカで公演した時、黒子姿を見て、
あっちの人から「ニンジャ!ニンジャ!」と連呼された事あったなぁ。」(17時03分)

田中
「なんと、アメリカで上演をしたことがあるんですね~。
岡本さんは、海外公演の経験は結構あるのですか?」。(17時12分)

岡本
「大阪南港着いたなー。
夏休みで日曜だから渋滞を心配してたのだが。
後、出航まで3時間近くあるなぁ、どうするかね?
海外はアメリカ、香港で公演した事あるけど楽しかった。
田中君もロシアとか行ったでしょ。どうだった?」(17時34分)

田中
「ロシアは、広大の一言に尽きますね。
中でもシベリア鉄道から地平線が見えたのは印象的でした。
さて、出港までの間、夕涼みでもしましょうか。すっかり夏です。
ズッコケ探検隊も夏の話ですから、上演にも自然と力が入りますよね」(17時54分)

岡本
「シベリア鉄道は西上も乗ったとか言ってたけど
延々と景色が変わらないらしい。
雲並はすっかり夏の様相ですな。
入船したので、本日はここまで。微妙に飽きた。」(19時34分)

田中
「え…本日はここまで、ですか!?
えーと、ともかく、話をまとめますと、九州、沖縄公演をがんばると言うことです!」(19時54分)



次の日



岡本
「おはようごさいます。
フェリー泊はどうだった?」(8時21分)

田中
「おはようございます。朝、甲板に出たのですが、思わず、うーみーはー広いな~♪と
歌いたくなりました」(8時41分)

岡本
「あそう。
歌といえば、今回の公演でボーカルデビューするかもしれないんでしょ。
昨日、車中で歌の稽古してたけど、 手応えはどう?
一回歌っては首をかげる姿が、微妙に笑,,,,,,ほほえましかったのだけど。」(11時15分)

田中
「『あ、そう』って流すな~!!
とりあえず、どうにかこうにか、歌を頑張ってる次第であります。」(11時32分)

岡本
「あそう。
さてさて、ホテルに入ったので
実りのない会話はここまでにしようかな。(笑)
最後の締めをバシッとお願いします」(15時54分)

田中
「まったく(あきれ顔)。
とりあえず、リクエストに応えまして、締めさせていただきます。
え~と、お手を拝借。
イヨ~ッ、パンっ!
お疲れさまでしたっ!」(16時47分)

CA7PSgfO1S.jpg
CAZghI6ZHD.jpg
CA3LDhhjjMEA.jpg


蒸し暑い月夜に

2009.07.24 [ Edit ]

日生劇場での「スズナ姫」の稽古も佳境を迎えた蒸し暑いある夜、家に帰り少し夜風に吹かれようとベランダに出てふと下の庭を見ると、蒸す闇の中に白い花がボーっと淡く光るように咲いている。

CAANWKIV.jpg

やっと咲いた!


4年前、沖縄公演の折に買った月桃(げっとう)の種を1年ベランダのプランターで育ててから
露地に下ろした。とてもプランターですむ大きさではなくなったからだ。
沖縄でも日陰のしっとりとした場所を好むので木陰を選んだものの、
冬の寒さもあり花が咲くには自信はなかった。
案の定、ある程度株は大きくはなったが花が咲く気配がない。やっぱりダメだよなぁ、
と忘れかけていた夜、しかもまるで沖縄を思わせるような月夜に見事な花を7房も咲かせてくれた。

沖縄ではこれの大きな葉で米粉を細長く巻き蒸して「ムーチー」というお餅を作る。
スーとしたニッキのような香りがつき実に美味いのである。

明日は「スズナ姫」も最期のリハーサル。
2日間4ステージが終われば翌日からズッコケ九州沖縄の旅が始まる。


慌ただしい日々に一服の清涼剤のような可憐な花を咲かせてくれた月桃に感謝


今回は大フクロウを演ります。田坂でした。

日生劇場

2009.07.20 [ Edit ]

7月25日、26日
日生劇場ファミリーフェスティバル2009『小さな山神スズナ姫~くらやみ谷の魔物~』が
あと一週間で初日です♪

CAPMM7RR.jpg

左はスズナ姫、右はお父さん役の米米clubのジェームス小野田さん♪とその人形☆
ジェームス小野田さんは、今年はスズナ姫のお父さんの声で出演します♪
ハチベエ役の松本美里が、スズナ姫、おじいさん役の田坂がフクロウ役、
音響の西上が演出助手をつとめています☆
ミュージカルなので、毎日歌って踊ってる訳で…

CAdWCKDIL.jpg

日生劇場の公演に出演していない、ズッコケのメンバーには
「痩せたね~!」
と会う度に言われます。
それもそのはず、体重計に恐る恐る乗ると、稽古開始日から、
体重が-5kg体脂肪が-3%も落ちていました。
あんまり痩せると体力も持たないので、焦って、毎日沢山ご飯を食べています。

スズナ姫の役を初めて演じたのは5年前。
単純に5歳、年を重ねた訳で、自分の想像より身体がついていかない…が、日々格闘しています。
スズナ姫のメンバーの中で私が一番下っ端だし、若いはずなのになぁ…
そう考えると、先輩方は本当に元気だし凄い!
もうすぐ還暦を迎える、大先輩も毎日歌って踊って、パワフル!
今回、一緒に共演させて頂くパパイヤ鈴木さんも、本当に素敵です☆

本番の日は、ズッコケメンバーも観に来てくれるから、頑張らなきゃ~!
皆さん是非観に来て下さいね!

CATUnAZU6.jpg

15℃ー24℃

2009.07.18 [ Edit ]

休みを利用して、下北半島に釣りに来ています。

題名の数字は、明日の最低気温と最高気温。

長袖のシャツがないと寒い。

シャワーも、寒いので素早くすませます。

夜は、タオルケット、毛布、掛け布団の三枚でも朝方寒いくらい。



帰るのが怖い・・・

asaa.jpg

3度目は、起こしませんっ!

2009.07.16 [ Edit ]

暑い日が続きます。
しかし僕にとっては「熱い」日が続きます。
正確には「あちっ!」な事件が二回ありました。

≪事件1≫

先日、アトリエで作業をしていました。

プラススチックのボールを電動やすり(=サンダーと言います)で削っていた時のこと。

ひょんなことから、熱で溶けたプラスチックが親指に貼り付きました。

「あちっ!」

急いで、脱兎のごとく、水道水でケアしましたが数時間後水ぶくれになりました。

まぁ・・・名誉の負傷(?)デス。



≪事件2≫

親指の火傷が治りかけた数日後のこと。

昼休みに、「熱い抹茶ラテでも飲むべぇ」と、
ポットからコップにお湯を注ごうとした時に悲劇が起きました。


ポットの上部の蓋が半開きだったらしく、お湯を注ごうとした途端、熱湯がジャバ~っと、
さながらナイアガラの滝のごとく、僕の手をめがけ勢いよくこぼれました。

声も出ないぐらい熱く、そりゃ、思わず15センチ程飛び上がりますよ。

左手の手の甲が真っ赤になりました。

あー、もう完全な不注意です。ポットに八つ当たりしたところで自業自得です。


二度あることは三度あると言いますが、三度目は断固阻止します!

というわけで、みなさん、暑くてボーっとしていても、
火傷など怪我には気をつけましょう(なんのこっちゃ)。

ある日の三人組  -ドラゴンクエスト9発売記念ー

2009.07.11 [ Edit ]

「ゲーム帳出てきたよ。」

遠方に住む兄貴とメッセで他愛のない話で盛り上がってた深夜。
そろそろ話しのネタも尽き、お開きな雰囲気になりかけてた時、
「あ、そういえば」に続けて言ってきた。

その単語はすぐにピンと来た。
ファミリーコンピューターが「ファミコン」という愛称で呼ばれ始めた頃、
兄貴と共同で攻略法やらパスワードを書き込んでいた一冊のノートの事だ。


「パスワード書き間違っては、よく泣いたなぁ。
 今の子供にはわかんねーよな」


嘆く兄貴に、僕は一つのお願いをした。
「めんどくせーから、また今度な。もう寝るわ」
と言うが早いか、とっとと回線を切ってしまった。

あまりアテにしてなかったが、次の日の夜には 兄貴よりファイル添付メールがきた。



 件名:めんどくせーから、スキャンして送るわ



添付されたファイルを開くと、汚い文字が羅列している画像。
あぁ、これはまさに僕が小学校の頃に書いたパスワード。
特別意味もないのだが、過去のパスワードを使って遊んでみたくなって
兄貴にパスワードを書き出してくれと、お願いした次第なのである。

ファミコンは今でもバリバリの現役機なので、苦労せずに目的のカセットを取り出し、スイッチオン。






908141_47.jpg





適当に選んだパスワードを入力してみる。
間違う事もなく、あっけなく入力画面がフェードアウト。



そこはどこかの町の中だった。
仲間はサマルトリアの王子しかいないのをみると、
まだ序盤らしい。
主人公の名前が本名だったのに笑ってしまった。
今は恥ずかしくてやらないけど、
この当時は大抵本名でやってたなぁ。 懐かしい。

しばし懐かしさに浸っていたが、もう一人の仲間。
サマルトリアの王子「クッキー」の名前が目に入った時、
何かが開く音がした。




記憶の扉が開く。





ドラクエ2の仲間の名前はいくつか候補があって、
主人公の名前によって振り分けられるシステムだった。



この名前が元で友達と壮絶な殴り合いの大喧嘩をした事がある。



そいつの名前はオサムと言って、家が近所という事があって
幼稚園の頃からつるんで毎日の様に遊んでいた仲だったのだが
その仲もドラクエ2が発売されて2日目


「何?お前んトコの仲間の名前クッキーなの?かっこわるー」


というオサムの一言で暗雲を立ち込めるようになる。


確かに僕もカッコ悪いと思ったのも事実。
しかし僕が思う分にはいいけど友人とはいえ、
他の奴に冒険の仲間を侮辱されるいわれはない。
結構ムカついだが、そこまでならギリギリ我慢出来た。そこまでなら。


休み時間。その日僕は日直で、黒板の隅の日直と書かれた下には
僕の名前が書いてある。
それをオサムが僕の名前を消し「クッキー」と書き直した。
それを指差しながら他のクラスメートと爆笑している姿を見た瞬間



キレた。



肩を怒らせ、ズカズカとオサムの元に歩み寄ると、
渾身の右ストレートを顔面に叩きこんだ。
オサムは声にならない悲鳴を上げ、顔を両手で覆いながらうずくまった。


賑やかだった教室は一瞬にして凍り付く。


顔を覆った両手の指の間から赤い液体が次々と流れ始めた。
オサムはゆっくりと両手を下ろし、手の平にべっとりついた鼻血を呆然と
眺めたのち。こちらをキッと向いて、怒号ともとれる奇声を上げながら
こちら襲いかかって来た。

オサムの顔は血で赤く染まり、まるで悪鬼のような
その風貌に気後れした僕は、なすすべもなく押し倒され、
馬乗りの姿勢でボカボカ殴られた。

クラスの男子の野次に女子の悲鳴。
一発殴られる度に目の奥に火花が散る。
四肢を死に物狂いでバタつかせ、馬乗り姿勢を脱出すると
逆にオサムの上に馬乗りになり、ひたすら殴った。そしてまた逆。



何発殴ったのか。何発殴られたか。
時間すら分からぬぐらいの殴り合いの中、
その終止符を討ったのははクラスの騒ぎを聞きつけて
やって来た、先生であった。





それ以来、オサムとは口を聞くどころか、目も合わさなくなった。





10日ぐらいたったある日、僕は高熱は出し、学校を数日休んだ。
病状も大分良くなった昼間、親の留守に忍んでファミコンをやっていた。
ドラクエ2も終盤に入り、続きがやりたくてしょうがなかったのだ。



ピンポーン。



家のチャイムが鳴った。、面倒臭いと思いつつも、
パジャマ姿で玄関口まで行ったら
そこにいたのはクラスメートのカズユキだった。


「具合はどう?給食のパン持ってきたよ」


笑うカズユキの手には大して旨くないパンがある。
長い事休んで人恋しくなっていた僕は、


「今、ファミコンやってるから上がれよ。」


と誘う僕にカズユキはちょっと困惑した顔でチラチラと玄関外を見る。
何だ?と思って、顔を斜めに向けて玄関外を見ると


オサムがいた。


困った顔のカズユキはオサムの方を見て「・・だって」と呟いた。
オサムはこちらに背中をむけ、うつむいてる。
何とも気まずい雰囲気。その状況にイラついた僕は

「いいから上がれよ!」

困った顔のカズユキの手を無理やり引っ張り
もうどうでもいいやって気分になって

「オサム!お前も上がれよ!」

そう言い放つと、オサムの背中がピクンと動いて



小さく「あぁ」と言った。










3人でテレビ画面に向かう。 ドラクエ2はもう最後の大陸に入った。
勇者の僕、サマルトリア王子クッキー、ムーンブルグ王女リンダは最後のボスを目指す。

オサムはクッキーの名前を見て、きまずくなったのか、
僕、カズユキの並んで座ってる後方に静かに腰を落とし黙っている。








「あーーーまたダメだぁ!!!」

僕は何度その言葉を言っただろうか。最後のボス、 シドーに全滅をくらったのだ。
挑戦する事5回。もうダメだとあきらめムードが漂ったその時












「・・・ルカナン使えよ」











後方から声がして振り向くと、オサムはうつむいたまま呟く。


「シ、シドーはルカナンが効くんだよ。それで叩けば ら、楽勝で勝てる・・・。」


僕とカズユキは顔を見合わせた。







再戦開始








ぼうぎょりょくが 13ポイント おちた!


「すげー本当だ!ルカナンが効く!」


シドーに 58ポイントの ダメージを あたえた!


「すげーすげーダメージでけー!」


興奮する僕の横にはいつのまにかオサムが来た。
いつもの様な命令口調でしゃべり始める。


「いいか!シドーの炎のダメージでかいから気をつけろ!
 ルカナンをある程度使ったらリンダは回復にまわせよ!」


リンダは たおれた


「やべえぇぇぇ!!リンダ死んだあぁぁぁ!!!」

「はやくク・・・クッキーでザオリクつかえよ!」

「MPない・・・・」

「あーマジかよーーーー」


もうヤケクソになってAボタンを連打。


クッキーの こうげき! 
シドーに 28ポイントの ダメージを あたえた!









シドーを たおした











「たおした・・・・」


僕は画面を指差して呟いた。


「やったな。」


オサムは誇らしげね笑顔でそう言った。


「やったーーーーー!!!」


カズユキは両手を挙げて叫んだ。




「まさかクッキーで倒すとは思わなかったよ」

「ばーか、クッキーは結構使えるんだよ」

「・・・・おまえが言うなよ」


僕は笑ってオサムの肩を押した。




感動的な音楽が流れるスタッフロールを眺める3人。
「そろそろ帰るわ。」とオサムは腰を上げた。


「最後まで見ないのか?」

「ばーか、俺は何度も見たからいーんだよ」


そう言う僕にオサムはすぐ返す。
そして、ちょっと言い澱んだが、さらに言葉を続ける。


「あのさ」

「なに?」

「明日は学校に来るのか?」

「あぁ明日は行くよ。すっかり治ったし。」

「俺・・・明日迎え行くわ。」

「・・・・あぁ・・・うん」

「それじゃ・・」

「うん、それじゃ・・・。」





「あ、あと」

「何?」



「・・・・・・・・・・・」

「なんだよ」





「王女の名前がリンダってのは変だよな」

「・・・・うるせぇ。」



僕は笑いながら、握った拳でオサムの腹を軽く殴った。









そんな事を思い出しながら、今ドラクエ2をやってる。
今やっと、ムーンブルグの王女を助けたところだ。



名前はやっぱりリンダ。



うーん、やっぱり王女でリンダはねぇよな。

星に願いを

2009.07.07 [ Edit ]

今日は七夕ですね。
私の住む東京の某区では、天の川どころか、晴れていても星がろくに見えないので、
ちょっと残念です。


実家にいた時は、車を40分程走らせ、友達とよく日光に星を見に行きました。
外灯もない真っ暗な山頂で、横になって(冬は寝袋に入って(笑))、
2・3時間ひたすら星を眺めているんです。

20歳の七夕の夜にも、日光に星を見に行ったんです。
その日は晴天で天の川がとてもよく見えました。

いつものように寝転んで、時間を気にすることなく星を眺めていました。
すると、天の川の中の一つの星がサッと流れたんです。
冬は空気が渇いていて、星がすごく輝いているので、流れ星をみることはあるんですが、
夏は見たことがなかったんです。

七夕の夜に流れ星を見られるなんてツイてる!と思い、もう流れてしまった後でしたが、
私は流れ星に願い事をしました。
『役者になりたい』と。

小学生の時の演劇観賞会で感動して以来、将来は学校を廻ってお芝居を見せたいと
思っていたのですが、父が『役者なんて駄目だ!』と猛反対だった為、
当時は断念せざるをえなかったんです。

でも、せめて星に願うくらい…と、ひそかに願ったんです。


あれからずいぶんと時が経ちました。
今はひとみ座の一員となり、こうして子供達にお芝居を見せています。
そう…、あの日の願いは叶ったんです。

子供達の真剣な眼差しや笑顔を見て、この上ない幸せを感じ舞台に立てるのは、
あの七夕の夜の願いのお陰もあるのかもしれませんね。

みなさんも星に願いをかけてみてはいかがでしょうか…
その願いは、いつかきっと叶う日がくると、私は思います。

プロフィール


累計発行部数2300万部、国内の児童文学としては最大のミリオンセラーである、那須正幹作「ズッコケ三人組シリーズ」。
ひとみ座は1993年に「ズッコケ三人組」、第2弾として「あやうしズッコケ探険隊」を人形劇化し、これまでの累計公演数は2,000ステージを超え、延べ観客人数は100,000人にも及びます。
現在は人形劇「ズッコケ三人組シリーズ」第3弾として「ズッコケ時間漂流記」の人形劇を全国で上演しています。
その上演班、通称「ズッコケ班」のブログです。
hitomi_01.jpg
kitaro.png


     ●キャスト●
ハチベエ   松本美里
ハカセ      森下勝史
モーちゃん  岡本三郎
平賀源内   白井赫
佐竹左門   小林加弥子
千次      来住野正雄
おしの     松島麗


ご来場ありがとうございます!
ブログ記事の感想、劇を見た感想、
質問等ありましたら
各記事の一番下の「Comment」というところをクリックすると書けるところにいけますよ。
メールでという方はこちらから
たくさんの感想お待ちしています。

作品の詳細に関しましてはひとみ座
左上の「全国巡回レパートリー」から
詳細が見れます。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。