P1000360.jpg
過去の扉絵
人形劇団ひとみ座「ズッコケ時間漂流記」上演班のブログ
おかげさまで11周年



記事の抜粋
ハカセ骨折ズッコケ班最大の危機ハカセ復帰オオカミ少年と呼ばれた女
ズッコケバンドうっかりハチベエバックステージ夏休み初演の事節分
モーちゃんのリュックの中身お世話になりました日記帳停電アミニズム
ロビソン・クルーソーお蔵出したがか袋、されど袋8人目のメンバー
人形劇的暑蒸対策パパイヤ鈴木さんと屋久島公演トラックハマる
4125キロ|お蔵出し2

メンバーの加入、脱退
原広道脱退田中弘映加入石井セリ脱退西田由美子加入山本幸三加入

スポンサーサイト

--.--.-- [ Edit ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚と聴覚

2009.08.29 [ Edit ]

CAKCCU9Cfg.jpg

クラシックを聞きながら、ワインを傾ける。
聴覚と味覚に高尚な刺激をもたらすだろう、組み合わせですが。
実際体験してみると、ハンパなく居心地が悪い。
何だろうか、この場違い感は。


ふと、隣を見ると、田中が気持ちよさそうに寝ている。

CANCNGZNf.jpg

クラシック音楽のいい鑑賞法は寝ることだと、著名な音楽評論家は言っていたが、
とてもこの域には行けそうもない。さすが、田中氏である。



演奏終了後、甲板に出て、波切る音をバックに聞きながら、
ビールを飲む。非常に落ち着く。


やはり自分はこっちだなぁと、
後日、語っていたとか、いないとか。








CAOVV2NRdd.jpg

ズッコケ班を乗せたフェリーは北へ。





スポンサーサイト

ピンチヒッター再び!!

2009.08.27 [ Edit ]

語り手の田中くんが不在の間、先日の大分公演からまたあの方が復活しました!
そうです、山本幸三さんです。

CAEUW4T7hyu.jpg


幸三さんはいつも自然体。芝居をしているときも、とってもナチュラルで、
私の緊張を解してくれます。
一緒に語りをしていて、凄く心地良いんです。
さすが大先輩!
経験が違うって感じます。
上演寸前にギンギンに緊張している私は、幸三さんの笑顔を見て、
何度リラックスさせてもらったことか…

この夏の大分・静岡・座間の3公演で、幸三さんは最後で、ちょぴり淋しいです。
山本さん、ありがとうございましたm(__)m

次回北海道からは田中くんと私の、フレッシュ(?)語りコンビで元気一杯頑張りまっす(笑)

二学期も、北海道・長野・大阪・広島などなど、たくさんの学校に行きますよ~!
みんな、待っててね(^0^)/

クワガタムシ

2009.08.24 [ Edit ]

先日、新潟で渓流釣りをしていたら、
流れの真ん中の石の上でミヤマクワガタを見つけた。
川に落ちたのか、羽を少しひろげて濡れていた。

子どもの頃、田舎の親戚のおじさんによく捕りに連れて行ってもらった。
ノコギリクワガタやカブトムシは捕れたが、ミヤマクワガタは捕まえたことがなかった。

一瞬、持って帰って飼おうかと思ったが、思い直して近くの木に放した。元気に登って行った。

CAECG6hjME.jpg

夏の日の至福

2009.08.19 [ Edit ]

昼過ぎに予定の仕事が終ってしまい、ポッカリと空いた昼下がり2ヶ月ぶりに散髪に行った。

家からブラブラと坂を下ると行きつけのBarber-Sがある。
黒猫がトレードマークのその床屋はバットマン、スパイダーマンやマイティーハーキュリー、
珍犬ハックル、ベティーちゃんなどアメリカンコミックのフィギュアやミニチュアカーで溢れていて、
壁にもアンティークなポスターが貼ってある。もう10数年の付き合いだ。


床屋ほど「休みだ~」という気分にしてくれる所はない。スウィニートッドのような
恐ろしげな床屋の映画もあったが、基本的に刃物に身を任せなければならないのだから
信頼関係が大事である。

おじちゃんとおばちゃんと兄ちゃんがいて、いつも気さくに僕の近況などを訊いてくれる。
舞台のこと、旅のこと、時には新しく作った人形を見てもらい
、図々しくもブログに公演の宣伝まで載せてもらっているのだ。


旅先での休日も良さそうな床屋があるとラッキー。
京都の丹後の小さな町での昼下がり、ガラスの風鈴がチリンと鳴って路地で犬が啼いた。
暑い道をアイスキャンデー屋が鐘をならしながら自転車でやって来る。客は僕ひとり。
しばし休憩。床屋の親父さんとキャンデーをなめながらいろんな話をする。至福の時である。

反対に、大阪の床屋で女主人に顔をあたってもらっていたのだが、
彼女は脇の友達とベラベラ話しっぱなし。その話題たるや、
だれそれが子宮筋腫を切ったとか、だれの旦那があさって刑務所から出てくるだの。
その間いつ耳を切られるか僕は身のすくむ思いをした。


「お疲れですか?」おじちゃんに顔を剃ってもらううちにウトウトしてしまったらしい。

この2ヶ月ほど少しハードな日々が続いた。各地でいろいろな出会いがあり、
大変だったけれど楽しい旅だった。まだ整理がつかないくらいたくさんの事があって、
そのひとつひとつをもう一度反芻してみる。

「はい、お待ちどうさまでした。」

おじちゃんが丁寧に最後の櫛をいれてくれニコリと笑う。

扉を出ると夏の日差し。蝉が熊ゼミからミンミンゼミに戻り、残暑とはいえ
夏はまだ終わりそうもない。ふと歩道を見ると虫。よく見るとこれから羽化しようと出てきた
蝉の幼虫が健気に歩いているのだ。「お前、こんなとこ出てきたと潰されちゃうぞ」
つまみ上げて生け垣に掴まらせる。

元気に生きるんだぞ

うん、夏はまだまだ続いているんだ。


田坂のOFFでした。


2009年 夏

2009.08.18 [ Edit ]

九州・沖縄の旅公演からたった今帰ってきた。

航路も含めれば3000kmの旅だった。
いつもの事だが、遠い地から帰ってくると、自分が少し変わったような心持ちになる。

駅ですれちがう知らない人に自分の観てきたぴかびかの景色をごく自然に
伝えられるような気がするのだ。 細かい事に捕われない
朗らかな性格にも生まれ変わったような気持ちがする。
旅の荷物もひょいと持ち上げられる。

が、それは錯覚。明日になればもとの西上に戻ります。
それはそうです。人は旅する事で性格が変わるわけではないのですから。
ただ自分だけの景色が頭の片隅に残った事は確なようで、それがこの頃の自慢です。

GetAttachmentff.jpg

西上

キジムナー満喫!の巻

2009.08.17 [ Edit ]

というわけで沖縄公演も終了したわけですが、実に有意義な旅公演でした。
中でも、世界各国の舞台が集まるキジムナーフェスタへの参加は衝撃でした。
上演の合間に、色々観劇でき、まさに驚きと目からウロコの連続でした。
例えば

「うひゃ~、舞台の上で水をばら撒き、滑って踊ってる!」
とか、

「おお~、紙コップと糸で音楽を演奏してる! しかもアンパンマンの歌!」
など、などです。
フェスタで観劇したことが少しでも芸の肥やしになったらなぁ、と思います。

そしてまた来年も参加したいと強く思いました!

キタぞ!沖縄!!

2009.08.09 [ Edit ]

ただ今、九州・沖縄地方を廻る長~い旅公演中!

屋久島公演を終えて、沖縄に上陸!!

CAR5GRJJhj.jpg


私は沖縄初上陸なので、かなりワクワク。
お仕事で来られるなんてLUCKYです。

沖縄ではキジムナフェスタに参加しました。

ウレタン人形販売&製作教室や、ぶーちゃん人形作りワークショップ。
そして上演。

ズッコケ班以外にも、制作班とお手伝いの劇団員が合流し、総勢13名で様々な催しをしました。

台風接近でフェスタへの客足が鈍るのではないかと、危ぶまれましたが、
ウレタン教室・人形作りワークショップ共にたくさんの方が訪れてくださいました。
上演も連日満席で、有り難い限りです。
ありがとうございますm(__)m

CAMN2V4Yjui.jpg


毎日仕事で、沖縄の美しい海が見られないのは残念ですが、食べ物では沖縄を満喫しています。
ゴーヤチャンプルー!
サーターアンダギー!
沖縄もずく!
てびち・ラフテー・じーまーみー豆腐etc……

いろんなものがたくさん乗った沖縄ぜんざいも食べました。

CAI15FUHyut.jpg


右がきなこと黒みつのぜんざい。
左がたーむーと紅芋のぜんざい。
たーむーというのは里芋のようなお芋です。
とっても美味しかったです。
次はマンゴーとパッションフルーツのかき氷が食べたいなぁ~。


私たちの夏の旅公演はまだ続きます。
次は何を食べようかな…(笑)

屋久島公演大盛況!

2009.08.07 [ Edit ]

7月31日
久し振りに降り立った屋久島は快晴。

P1000079.jpg
P1000083.jpg

雨の屋久島も好きだけど、晴れの屋久島も緑色がイキイキしていてすごく好き。

今日は、まず今回共演させて頂く、宮浦小学校の金管バンドのメンバーと顔合わせをして、
リハーサル見学しました。
自分達がいつも演奏するズッコケのテーマ、今度は、子ども達の元気な演奏にピッタリハマって、
ウキウキしちゃうような、本当に心踊る演奏!
本番が楽しみ♪

8月1日
本番。
今日は、なんと2っのお祭とブッキング!
お客様がここに集まってくれるか心配。
朝から、子ども達と入念にリハーサル。
ロビーでは、じゃがいものお家のスタッフの方や、ののはなのスタッフの皆様が、展示や、
飾り付けをしてくれて、本当に華やかになりました♪

CAZNnnjI4HQ.jpg


開場時間になると、お客様が沢山集まってきて、あっと言う間に行列が!そして気付けば、
会場内はほぼ満席!

役者にとって満席の会場で芝居ができるのはなにより嬉しい事。
そして、今回スタッフでもあった私にとっては、本当に嬉しい事でした。
今回私にとって一番の報酬は、屋久島の方々と繋がる事ができた事。
今私にできる事は人形劇しかないのだけど、その人形劇というツールを使って、
みんながひとつになって活動をして、同じ時間を共有する事ができた事が、
本当に素敵な事だなと思いました。

お世話になった全ての方々に心からお礼を言いたいです。
本当にありがとうございました!!

P1000057_20090807105204.jpg











宮浦小学校金管バンドの皆さんによる、
劇中使用曲「ズッコケマーチ」の演奏音源です。
本公演の一回だけで終わらすのが惜しいと思いまして、この度、許可を頂き、
こちらで公開させて頂く事が出来ました。
宮浦小学校金管バンドの皆さん。本当にお疲れ様でした。

スズナからズッコケへ

2009.08.06 [ Edit ]

先日、無事に日生劇場の公演が終わりました♪
今回、私はパパイヤ鈴木さんが演じる、魔物と対決!

P1000040.jpg


パパイヤさんの歌もダンスも素敵だったなぁ♪

千秋楽を迎えた翌日、ズッコケ班の九州、沖縄ツアーのスタート!
舞台の興奮もさめないまま、飛行機で九州へひとっとび~。
スズナ姫からハチベエへ、ちゃんと戻れるのかー。
遅くなりましたが、九州、沖縄ツアーの様子をこれから少しづつ、ご紹介しますね♪

プロフィール


累計発行部数2300万部、国内の児童文学としては最大のミリオンセラーである、那須正幹作「ズッコケ三人組シリーズ」。
ひとみ座は1993年に「ズッコケ三人組」、第2弾として「あやうしズッコケ探険隊」を人形劇化し、これまでの累計公演数は2,000ステージを超え、延べ観客人数は100,000人にも及びます。
現在は人形劇「ズッコケ三人組シリーズ」第3弾として「ズッコケ時間漂流記」の人形劇を全国で上演しています。
その上演班、通称「ズッコケ班」のブログです。
hitomi_01.jpg
kitaro.png


     ●キャスト●
ハチベエ   松本美里
ハカセ      森下勝史
モーちゃん  岡本三郎
平賀源内   白井赫
佐竹左門   小林加弥子
千次      来住野正雄
おしの     松島麗


ご来場ありがとうございます!
ブログ記事の感想、劇を見た感想、
質問等ありましたら
各記事の一番下の「Comment」というところをクリックすると書けるところにいけますよ。
メールでという方はこちらから
たくさんの感想お待ちしています。

作品の詳細に関しましてはひとみ座
左上の「全国巡回レパートリー」から
詳細が見れます。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。