P1000360.jpg
過去の扉絵
人形劇団ひとみ座「ズッコケ時間漂流記」上演班のブログ
おかげさまで11周年



記事の抜粋
ハカセ骨折ズッコケ班最大の危機ハカセ復帰オオカミ少年と呼ばれた女
ズッコケバンドうっかりハチベエバックステージ夏休み初演の事節分
モーちゃんのリュックの中身お世話になりました日記帳停電アミニズム
ロビソン・クルーソーお蔵出したがか袋、されど袋8人目のメンバー
人形劇的暑蒸対策パパイヤ鈴木さんと屋久島公演トラックハマる
4125キロ|お蔵出し2

メンバーの加入、脱退
原広道脱退田中弘映加入石井セリ脱退西田由美子加入山本幸三加入

インカの目覚め

2009.09.22 [ Edit ]

北海道から帰ってきて、束の間の家族との夕食。

おみやげに購入した旬の「トキシラス」、一年に3日位しかとることができないという、
貴重な昆布でダシをとったお味噌汁、メインデッシュはホクホクじゃがいも♪
北海道の恵みに感謝しよう!
そんな素敵な夕食タイムを演出する予定だった。
このじゃがいも、「インカの目覚め」という品種なのだが、普通のじゃがいもより黄色みが強くて、甘い。

「大切に食べよう!」と思い、前日の夜に冷蔵庫の野菜室に入れた。
…つもりが、実は、冷凍庫にいれていた…!!

じゃがいもを冷凍庫に入れてしまった事がある方はご存じだと思うが…、最悪的にまずい!!
一口食べて思わず吐き出す位まずい!
私の大切なインカが~!


何か救済措置は無いものかと、慌ててインターネットで調べまくると、捨てるしかないとか、
我慢して食べるとか!

しかしその中に「蒸し器で蒸すといい」と書いてあったが、我が家にはなかった…。
壊滅的な被害を受けたインカを、ダメもとで炊き込みご飯にした所、これが旨い!

北海道から帰ってきても尚、食べ物の事ばかり考えている一日だった。


CAP4U82Z.jpg

北海道公演全10ステージ終了

2009.09.15 [ Edit ]

ho_20090927214233.jpg
総走行距離4125キロヾ(;´▽`A











er.jpg
体重+2キロΣ( ̄Д ̄;)






ちょっとブレイク

2009.09.12 [ Edit ]

移動途中にちょっと立ち寄ったのは旭山動物園。

一躍有名になった旭山動物園とはどんなものかと覗いてみたが…、平日なのに、人、人、人!
間近で見られるように工夫された施設は、遊園地のアトラクション待ち状態。
人がたくさん並んで、最後では『○○分待ちです』と叫んでいた。

並ぶ時間もないので、急いで園内をくるりと回った。


やはり北海道と言えばヒグマでしょう!

CAWSKCYD.jpg

動物園のヒグマだから可愛く見えたけど、突如遭遇したらさぞかし恐いんでしょうね。
道内至るところに熊注意の看板あったもん。



次はライオン。
ずっとゴロゴロしていたけど、何度か大きく吠えて、その音量に百獣の王を体感!

CAL3GN6S.jpg


私が1番見たかったのは、カピバラさん。
全く動かずヌボーっとしてた。
でも可愛い。
ちょっとトボけた顔に癒された。

CA0D07GQ.jpg



モルモットの大群に笑ってしまった。一匹ずつだと可愛いのに…
これはちょっとね…

CA0ZM5WT.jpg



足速に園内一周した。

CA0NFNSF.jpgCAR6QTZQ.jpg



今度はもっと人が少ない日に、ゆっくり見れたらいいなぁ…と思いつつ、旭山動物園を後にした。

そして、次の上演地に再び向かうトラックとハイエース。
急がないと日が暮れちゃう~

泥に嵌る

2009.09.11 [ Edit ]

「ワー、虹だー!」

オホーツク海の村、猿払。雨上がりのキラキラした朝日をあびて今日の上演地O小学校に向かう。
空には大きな虹。車中に歓声が上がる。


だが、この虹が今の気象状況を示していたのだ。

小学校に近づくと突然の雨。いざ体育館につけようとトラックを草地に入れると
タイヤはズリズリとむなしく空転、完全に泥に嵌ってしまった。重い演具が事態を悪化させる。久
々のスタックだ~。


仕方なくカッパを着て演具を下ろす。雨足はここぞ!とばかりの横殴りだ。


何とか演具を下ろし、4WDの車をお持ちの先生にお願いして、ワイヤーをつなぎ引き、
後ろからは男連中が掛け声一発、押して脱出


masu.jpg



やったー!


終わってみれば、ふたたびキラキラとした朝日である。


力を貸していただいた先生方、本当に有り難うございました。

この日の上演成績が良かったのは言うまでもない。

学校を後にするとき先生と子どもたちが最期まで手を振ってくださる。


またひとつ思い出深い地ができた。

ホタテの村

2009.09.10 [ Edit ]

今回のズッコケ北海道ツァーも大詰めを迎えつつあります。

旭川からさらに北上、降ったり晴れたりの交通量の少ない道路をひた走り、
ついにオホーツク海に出ました。最北端まで30キロという猿払村(さるふつむら)。

この村は日本屈指のホタテ貝の産地。なるほど、泊まったホテルは牧場公園の中にあったが、
夕食も朝食もホタテづくし。雄大なロケーションも最高!オホーツクの日の出もこの通り。

CAAADZOJgh.jpg

大自然に囲まれて…

2009.09.07 [ Edit ]

今回の北海道の公演は道内を、横断・縦断往ったり来たり。

本日は山間の町、赤井川。

転々と牧場や家があり、子供達は一体何処からやってくるんだろうと思ってしまうくらい、
一面空の青と草木の緑が広がっていた。

CAF00R44gt.jpg


その大自然の中で一際目立つ建物が、本日の上演場所の小学校。

CAPMIKPVgy.jpg


空気はいいし、自然いっぱいだし、こんな美しい場所で、学び・育つ子供達は、
さぞ伸び伸びと元気に成長していくんだろうなぁ…と。

小学校に集まったのは、幼稚園生から中学生の子供達。
下の子から上の子まで年齢差が12才あるから、みんな笑うタイミングがかなり違う。

小さい子は『ウンチ』や『オシッコ』で大爆笑!

大きい子はセリフの内容を理解して爆笑。

大きい子達が笑い、つられて小さい子達がどんどん笑い出す、なんてこともあり、
やまびこのように発生する笑いはなかなか止まない。
笑い待ちをしてからセリフを言うことが多々。

いっぱい笑って、いっぱい楽しんでもらえて、私たちも大満足の上演でした。

牡蠣

2009.09.06 [ Edit ]

厚岸と言えば牡蠣!

そういえば、昨日の宿の夕食のメニューも牡蠣鍋でした。

kakiinabe.jpg


劇の中で、ハチベエが海に潜って貝を取るシーンがあるんですが、子ども達はそれを見ると、
「かき-!かき-!!」
と口々に言っていました。
あのシーンを見て、「牡蠣」と言った子ども達は初めてだったので、さすが厚岸の子どもだぁ!
と思わず感心していまいました(笑)

※(注)本当はサザエで~す!

厚岸の子ども達は、毎日牡蠣を食べてるんだろうか~?!

小樽→厚岸

2009.09.05 [ Edit ]

今日は、この旅一番の大移動。
小樽→厚岸。
目算470km。


大きな地図で見る

8:00
小樽出発!

P1000196_20090906183906.jpg

さてさて、今日は長~いドライブになります。



9:00

P1000186_20090906183906.jpg

札幌通過中。
海ともしばらくお別れだ~。



11:00
夕張着。
ちょっと早めのランチタイム。
名物の石炭シュークリームと、焼きたての芋もち!旨い!

CAB1RJ8H_20090906183906.jpg



13:00
帯広通過中。
お~!鹿発見!

P1000218_20090906183905.jpg



16:30
釧路着。
早めの夕食タイム。
せっかくなので、有名な和商市場に立ち寄り、北海道の海の幸を堪能。

P1000232.jpg
P1000231_20090906183905.jpg



18:00
厚岸無事到着!

P1000236_20090906183905.jpg

すっかり日が暮れました。
さて!明日は厚岸で上演だー!

トラックの車窓から~その①

2009.09.04 [ Edit ]

今日は牧場に立ち寄りました。

CAGF5K8V.jpg

絞りたて牛乳の味そのまま。甘過ぎず、あっさりしてるけど濃厚。
毎日食べても飽きません!




餌を与える三郎さん。

P1000181_20090906075242.jpg

ジロー興奮


にんじんうまいなぁ~

P1000180.jpg








すっかり日が暮れるまで遊んでしまった(-_-;)

CAMWQMKZ.jpg

さて、先を急ぐぞ。

77777km

2009.09.03 [ Edit ]

P1000217.jpg

ズッコケトラック、本日も北海道を快調に走っています。
北海道の気候に合っているのか、ギアの入りもスムーズな感じ。

2ステージを終えて、帯広から札幌まで日勝峠を越えている時、走行距離メーターにズラリと
並んだ同じ数字!

P1000143.jpg

77777km。

車内大興奮(笑)
思わずトラックを停めて、写真を撮りました。

なんか良い事ありそう♪

はじまりはじまり

2009.09.02 [ Edit ]

私達は今、太平洋の上。
船に揺られ、北海道に向かっています。
時刻は、ただいま午前4:55。
甲板で日の出を見ています。

海上から日の出を見るなんて滅多にない機会なので、ムクムクと起きだし、
眠い目を擦り甲板へ。

どこまでも続く水平線から、オレンジの光の矢を放ち昇る朝日は、実に美しい。
海無し県育ちの私は、かなり感動してしまいました(涙)

しかぁしっ!甲板は寒い!!
しかも凄い風で、吹き飛ばされそうになりながら、必死で写真を撮りました。

CA8ZL781gh.jpg

CAHL6DEEgh.jpg


『海はいいぜ~』とハチベエも言ってるけど、海はいいなぁ~。
何にもない海を見ていると、心が洗われるというか、
ちっちゃい悩みなんかどうでもよくなってきます。
『今日もがんばろう』って思える。

さてさて、夏の沖縄に続いて、次は秋の北海道です。

今回は、全員陸路で北海道を目指しています。
神奈川を出発し、一路宮城県仙台へ。
仙台港から苫小牧港に行きます。
そして、帯広・小樽・旭川・厚岸・釧路・稚内etc…と、北海道の各地を巡ります。
どんな北海道の旅になることやら……

上演の後に、北海道の美味しいものを食べるぞ!
いくらがたっくさん乗ったいくら丼が食べたい。
スープカレーもいいなぁ。
あと、ジンギスカンとぉ、旭川ラーメンとぉ、それとぉ…ってまた食べ物かい!(笑)

さあ、ズッコケ班の北海道の旅のはじまりはじまり。

プロフィール


累計発行部数2300万部、国内の児童文学としては最大のミリオンセラーである、那須正幹作「ズッコケ三人組シリーズ」。
ひとみ座は1993年に「ズッコケ三人組」、第2弾として「あやうしズッコケ探険隊」を人形劇化し、これまでの累計公演数は2,000ステージを超え、延べ観客人数は100,000人にも及びます。
現在は人形劇「ズッコケ三人組シリーズ」第3弾として「ズッコケ時間漂流記」の人形劇を全国で上演しています。
その上演班、通称「ズッコケ班」のブログです。
hitomi_01.jpg
kitaro.png


     ●キャスト●
ハチベエ   松本美里
ハカセ      森下勝史
モーちゃん  岡本三郎
平賀源内   白井赫
佐竹左門   小林加弥子
千次      来住野正雄
おしの     松島麗


ご来場ありがとうございます!
ブログ記事の感想、劇を見た感想、
質問等ありましたら
各記事の一番下の「Comment」というところをクリックすると書けるところにいけますよ。
メールでという方はこちらから
たくさんの感想お待ちしています。

作品の詳細に関しましてはひとみ座
左上の「全国巡回レパートリー」から
詳細が見れます。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム