P1000360.jpg
過去の扉絵
人形劇団ひとみ座「ズッコケ時間漂流記」上演班のブログ
おかげさまで11周年



記事の抜粋
ハカセ骨折ズッコケ班最大の危機ハカセ復帰オオカミ少年と呼ばれた女
ズッコケバンドうっかりハチベエバックステージ夏休み初演の事節分
モーちゃんのリュックの中身お世話になりました日記帳停電アミニズム
ロビソン・クルーソーお蔵出したがか袋、されど袋8人目のメンバー
人形劇的暑蒸対策パパイヤ鈴木さんと屋久島公演トラックハマる
4125キロ|お蔵出し2

メンバーの加入、脱退
原広道脱退田中弘映加入石井セリ脱退西田由美子加入山本幸三加入

スポンサーサイト

--.--.-- [ Edit ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども達の口から、思わず飛び出した一言☆2013年

2013.01.26 [ Edit ]

毎日寒い日が続いています。
みなさんいかがお過ごしですか?

『ズッコケ時間漂流記』は2013年も全国ツアーに出発するため、春までしばし準備中♪

4月からは新たに稽古の様子をお伝えしますね!

さて今日は、去年の公演中に客席から聞こえてきた、子ども達の『声』を紹介します♪
子ども達の、思わず言ってしまった一言に、役者の私達も思わず笑ってしまいます。
子ども達の楽しい一言を皆さんも一緒にお楽しみ下さい☆



モーちゃん「今日の給食は、肉じゃが、米粉の春雨、リンゴゼリーです。楽しみですね。」


子ども「関係なくない?」


…はい、確かに。




お風呂から飛び出すハチベエに一言。


子ども「きもっ。」


すみません…。




佐竹に追い詰められたモーちゃんに言った一言。


「棒や!棒でやっつけろ~!」


武器指定か(笑)




モーちゃん「そんなのやってみなきゃ分からないよ!」

子ども「そうだー!」(同意)


ありがとうございます(笑)




おしのちゃんとハチベエとの別れで、おしのちゃんが言った「はい、さようなら」に対しての一言。


子ども「ひどっ」


さすが、男心をわかっていますね~。




登場してきた佐竹の顔を見て、思わず言った一言。

子ども「きゅうり~!!」

きゅうり!?
形か?
これには佐竹役のモリシも撃沈(笑)




さらに、登場してきた千次の顔を見て一言。


子ども「ブルドック~!!」


うーん。
確かに!


あ~、子どもの素直に一言って本当に可笑しいですね。

今年はどんなおもしろ発言が飛び出すか楽しみです♪
スポンサーサイト

2013.01.15 [ Edit ]

歩いているとき左右の脚の長さが違う感覚におそわれます。
大げさにいうと右脚はスムーズですが、左脚がよっこいしょという感じです。

なんでだろう・・・と、気になったので、骨盤の動きに注意して歩いてみました。

すると、上半身が右にずれていてそれを支える重心が右脚にかたよっていたのです。
その状態で長年うまいこと歩き続けてきた結果、身体に馴染んでしまい無意識に『癖』になっていたのです。

その他にも、普段の座り方の『癖』で股関節の開き具合が左右全く違っています。
これも歩行時の違和感に影響していると思います。

こんな事と人形劇とはまったく関係ないのでは?とお思いでしょうが、
身体の歪みは余計な筋肉の緊張につながっていると思います。

人形を一定の高さ(地面)で維持するには腕力ではなく『腰』の支えが重要といいます。
腰で人形を持つと言っても過言ではないそうです!(確か)

腰で支えずに上半身だけの力で人形を持とうとすると、肩が力みさらに腕、手も固くなってしまいます。(とても人形を操作する状態ではないんです)

するとだんだん疲れてきて腕が下がります。当然人形の高さも低くなり、前列のお客様にはケコミ(人形劇の舞台)に人形の足が沈んで見えてしまいます。
さらに舞台の奥にいくにつれて人形の高さを上げなければ、前列のお客様には人形がほとんど見えなくなってしまいます。
とても基本的な事ですが、これを維持するのがとても難しいです。
人形の身長によっても腕の上げ具合は変わりますし、私の場合台詞に気を取られていると、まず人形が下がってしまいます。

まだまだ課題は山ですが、身体の歪みに気づけたときスタートラインに立てた気がしました。
人形を操作するにはまだ未熟な身体ですが理想めざして進みます。


松島 麗

明けましておめでとうございます!

2013.01.07 [ Edit ]






新年、明けましておめでとうございます!


今年もズッコケ班は、子ども達がワクワクドキドキするような楽しい舞台を創っていきたいと思います。

2013年も三人組を、宜しくお願い致します。



プロフィール


累計発行部数2300万部、国内の児童文学としては最大のミリオンセラーである、那須正幹作「ズッコケ三人組シリーズ」。
ひとみ座は1993年に「ズッコケ三人組」、第2弾として「あやうしズッコケ探険隊」を人形劇化し、これまでの累計公演数は2,000ステージを超え、延べ観客人数は100,000人にも及びます。
現在は人形劇「ズッコケ三人組シリーズ」第3弾として「ズッコケ時間漂流記」の人形劇を全国で上演しています。
その上演班、通称「ズッコケ班」のブログです。
hitomi_01.jpg
kitaro.png


     ●キャスト●
ハチベエ   松本美里
ハカセ      森下勝史
モーちゃん  岡本三郎
平賀源内   白井赫
佐竹左門   小林加弥子
千次      来住野正雄
おしの     松島麗


ご来場ありがとうございます!
ブログ記事の感想、劇を見た感想、
質問等ありましたら
各記事の一番下の「Comment」というところをクリックすると書けるところにいけますよ。
メールでという方はこちらから
たくさんの感想お待ちしています。

作品の詳細に関しましてはひとみ座
左上の「全国巡回レパートリー」から
詳細が見れます。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。