P1000360.jpg
過去の扉絵
人形劇団ひとみ座「ズッコケ時間漂流記」上演班のブログ
おかげさまで11周年



記事の抜粋
ハカセ骨折ズッコケ班最大の危機ハカセ復帰オオカミ少年と呼ばれた女
ズッコケバンドうっかりハチベエバックステージ夏休み初演の事節分
モーちゃんのリュックの中身お世話になりました日記帳停電アミニズム
ロビソン・クルーソーお蔵出したがか袋、されど袋8人目のメンバー
人形劇的暑蒸対策パパイヤ鈴木さんと屋久島公演トラックハマる
4125キロ|お蔵出し2

メンバーの加入、脱退
原広道脱退田中弘映加入石井セリ脱退西田由美子加入山本幸三加入

スポンサーサイト

--.--.-- [ Edit ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズッコケ感想文コーナー~12月だけど11月の巻!その⑥~

2013.12.29 [ Edit ]

今年も残すところあと僅か!
10月~11月にかけて公演してきた秦野市の小学校6年生の感想文を紹介してきましたが、今年最後の感想文を紹介します♪


『すごくおもしろくて、何度も何度も笑ってしまいました。
音楽もすごくうまくて、すべてが完ぺきな演劇でした。
とくに、手のこんだ作品だなぁ~と思ったのは、号外だと言ってくばりだした紙に、すごくうまい絵などがかかれていて、ぼくは、てっきり、白紙だと思っていたのですごくおどろきました。
歴史の勉強にもなりましたし、劇がまた、いっそうおもしろくなったと思います。
今回はいそがしい中来ていただいてありがとうございました。
ぼくたちは、卒業するけど、またぼくたちの小学校にきて、みんなを楽しませて下さい。』

『私たちがズッコケをみたのは3年ぶりです。前よりもパワーアップしていておもしろかったです。
鏡のリアルさや、最後の時計が動いていく所もすごいなぁと思いました。
女の子も男の子もみんなが笑えるように、楽しめるように工夫して、いつも盛り上げてくれてありがとうございました。
最後の演劇がズッコケで良かったです。
本当にありがとうございました。』


実は秦野市の小学校では、前作『あやうし!ズッコケ探検隊』も公演していました。
6年生は、みんな2回目のズッコケです。
あやうし!も楽しんでくれましたが、今回の時間漂流記の方が人気があるようです。
ハチベエ、ハカセ、モーちゃんも6年生。
シリーズがスタートしたのは30年前だけど、6年生の等身大の姿を描いたズッコケ三人組シリーズは、時代を超えてみんなに愛され続けているんですね。

秦野市のみなさん、楽しい感想文を沢山送って下り、本当にありがとうございました!

卒業しても、ひとみ座の劇を観に来て下さいね!
スポンサーサイト

ズッコケ感想文コーナー~12月だけど…11月の巻・その⑤~

2013.12.23 [ Edit ]

みなさんこんにちは。
カーテンと床の隙間から入ってくる冷気に耐えられない美里です。

家が寒いのでカフェでブログを更新中。

本日も感想文を2つ紹介します。


『今日は短い間でしたが、ありがとうございました。
今日の劇は、すごくあの3人がおもしろかったです。
とくに一番おもしろかったところは、3人がお風呂に入っているところです。
おもしろくて笑いがおさまりませんでした。
他のボケやツッコミもおもしろかったです。
あと、新エレキテルを作っているときに、教えちゃっておおさわぎになったときは、「あ~あ」と思いました。』

『本日はどうもありがとうございました。
今回は、あの3人組が時間(とき)をこえ、江戸時代でいろいろな事を起こすのがおもしろかったです。
特に、平賀源内との新エレキテルの作成中の時に、秘密をすべてバラしてしまう時のおだて方がおもしろかったです。』


おだてられて秘密をバラす!
ハチベエの得意技ですね(笑)
おだて方が面白いとはなかなか目の付け所が鋭い!
実はコレ、歌舞伎のパロディなんですよ。
江戸時代だけに歌舞伎の技法を取り入れてみた演出です。

よし、今日も歌舞伎風の台詞でがんばるぞ。

感想文を送ってくれてありがとう!

ズッコケ感想文コーナー~12月だけど…11月の巻!その④~

2013.12.16 [ Edit ]

1日1日寒くなりますね。
カレンダーの『師走』という字を見ると、なんだかちょっと急かされる気分。

しかし!ズッコケブログは今年も最後まで焦らずのんびり更新しま~す。


今日も秦野市の6年生の感想文を紹介します。
今回は、平賀源内について書かれている感想文を2つ紹介します。


『劇団ひとみ座さん、今日は本当にありがとうございました。
ぼくが一番いんしょうにのこったのは、最後のひらがげんないが人をころしてしまい、鏡に光があたり、げんざいにもどれるのに、いじでも、行かないと言うところが、男気があってすごいかっこいいと思いました。
今日は、ありがとうございました。』


『今回のズッコケ3人組はすごくおもしろかったです。
平賀源内さんはすごくいい人だと思いました。
理由はかがみでにげないで、自分のつみからにげなかったからです。
今日は楽しいげきをありがとうございました!』


男の子は、平賀源内さんに対して感想が多く寄せられています。
学校の教科書にはあまり詳しく載っていないと思いますが、図書館等で平賀源内さんについて調べてみて下さいね!

来週も感想文を紹介します。
どうぞお楽しみに☆

ズッコケ感想文コーナー~12月だけど11月の巻!その③~

2013.12.11 [ Edit ]

12月になりました。

いよいよ今年も終わりに近づいています。

ズッコケ班は鬼太郎になって、九州、沖縄地方を巡っていました。
その様子はまた後日掲載しますね!


さて今日も秦野市の6年生の感想文を紹介します。


『劇団ひとみ座さんへ。』

『ズッコケ3人組が江戸時代にタイムスリップしてしまうとき、ドキドキして、少しこわいなと思いました。
3人が江戸時代で、エレキテルを作る場面は、本当に帰れるといいな。と、ワクワクしました。
たたかう場面で、ハチベエとハカセが勇気を出してたたかうところが、すごくドキドキしました。
その後、モーちゃんが、2人を助けるところがおもしろかったです。
今日は、おもしろい劇を、ありがとうございました。』


ハチベエはともかく!?ハカセは、相当勇気を振り絞ったでしょうね(笑)
そしてモーちゃんの火事場の馬鹿力!
普段は冴えない3人もやるときゃやる!
そんな姿が見る人に元気と勇気をくれるのかなぁと思います。
感想文ありがとう!

来週も感想文を紹介します♪
お楽しみに☆

プロフィール


累計発行部数2300万部、国内の児童文学としては最大のミリオンセラーである、那須正幹作「ズッコケ三人組シリーズ」。
ひとみ座は1993年に「ズッコケ三人組」、第2弾として「あやうしズッコケ探険隊」を人形劇化し、これまでの累計公演数は2,000ステージを超え、延べ観客人数は100,000人にも及びます。
現在は人形劇「ズッコケ三人組シリーズ」第3弾として「ズッコケ時間漂流記」の人形劇を全国で上演しています。
その上演班、通称「ズッコケ班」のブログです。
hitomi_01.jpg
kitaro.png


     ●キャスト●
ハチベエ   松本美里
ハカセ      森下勝史
モーちゃん  岡本三郎
平賀源内   白井赫
佐竹左門   小林加弥子
千次      来住野正雄
おしの     松島麗


ご来場ありがとうございます!
ブログ記事の感想、劇を見た感想、
質問等ありましたら
各記事の一番下の「Comment」というところをクリックすると書けるところにいけますよ。
メールでという方はこちらから
たくさんの感想お待ちしています。

作品の詳細に関しましてはひとみ座
左上の「全国巡回レパートリー」から
詳細が見れます。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。