P1000360.jpg
過去の扉絵
人形劇団ひとみ座「ズッコケ時間漂流記」上演班のブログ
おかげさまで11周年



記事の抜粋
ハカセ骨折ズッコケ班最大の危機ハカセ復帰オオカミ少年と呼ばれた女
ズッコケバンドうっかりハチベエバックステージ夏休み初演の事節分
モーちゃんのリュックの中身お世話になりました日記帳停電アミニズム
ロビソン・クルーソーお蔵出したがか袋、されど袋8人目のメンバー
人形劇的暑蒸対策パパイヤ鈴木さんと屋久島公演トラックハマる
4125キロ|お蔵出し2

メンバーの加入、脱退
原広道脱退田中弘映加入石井セリ脱退西田由美子加入山本幸三加入

2014年の被災地公演を終えて

2014.06.27 [ Edit ]

ズッコケ班に新加入した来住野(きしの)です。

今回、日生劇場主催・被災地公演で、福島県伊達市、宮城県名取市、岩手県大槌町、福島県南相馬市と4か所に行かせていただきました。

松本美里が旅の様子を伝えてくれましたが、私はこのグループの責任者として現地の役所の方々や学校の先生方とお話する機会がたくさんありましたので、その視点から書かせていただきます。


一番強く感じたのは、とても当たり前のことなのですが、

「震災は解決した問題ではない」

ということでした。


どの会場でも、現在も震災と闘っていました。

福島県伊達市の小学校はいまだプレハブ校舎で、隣にある中学校の体育館をお借りして公演しました。

宮城県名取市では2校の小学校が合同して行ったのですが、片方の学校は震災で校舎がなくなってしまい、もう一つの学校の空き教室を間借りしていました。

岩手県大槌町では、いくつかの学校がなくなって、合体して一つの学校を作っていました。

福島県南相馬市の学校の傍にはプレハブ住宅があり、そこには、原発事故により住む場所を奪われた方々が暮らしていました。


様々な事情がありながらも、みんな笑顔で、楽しんで、芝居をみてくださいました。
この光景だけ見ると、日本の他の場所で公演しているときと、反応に大きな違いはありません。
しかし、見てくれている子どもも大人も、私が体験したことのない大きな出来事を味わっていて、心の折り合いをなんとかつけながら日々を過ごしていることを、深く感じました。


学校の先生方や役所の方とお話をすると、当時のことを淡々と話してくれる方もいらっしゃいましたし、現在頑張っていることを熱く語ってくださる方もいらっしゃいました。
「ここが地元ではないのだけれど、派遣されてきました」
とおっしゃる方もいらっしゃいました。
どの方も、日々生じる様々な問題と闘っていらっしゃいました。

「当たり前の毎日なんてない」

ということを実感しました。


今回の公演には、本当にたくさんのマスメディアが取材に来てくださり、

「以前はこのような支援活動は数多くあったそうですが、今は減ってしまいました。だからこそ、続けてほしい!」

と、おっしゃっていました。
ここにも闘っている人たちがいます。


また、被災地と、日生劇場と、ひとみ座を繋ぐコーディネーターの方は、

「『与える』『受け取る』の関係ではなく、『繋がっていく』べきです。授与の関係だと一時的になってしまいますので、長いスパンで関係を築いてください」

とお話しされていて、そうなるべく、日々活動していらっしゃるそうです。


そして、震災後何年もこの公演活動を主催してくださっている日生劇場の方々にも、本当に頭が下がりました。
今回の公演には、日生劇場の理事長さんにも数日間ご同行いただいたのですが

「来年もやる!」

と力強いお言葉をおっしゃっていました。
また、今年もたくさんの劇場スタッフの方々が、笑顔で明るく、お手伝いくださいました。
そのおかげで、良い状態での公演を行うことができました。
本当にありがとうございました。


このような規模の大きい活動は、劇団単体で行うことはとても難しいです。
本当に大勢の方々に支えられて、今回の公演を行うことができたことを深く感謝するとともに、使い古された言葉かもしれませんが、『絆』を感じました。
そして、自分としても

「日々をいかに生きるか」

を改めて考える機会となりました。


皆様に感謝するとともに、今後も様々な形で被災地と関わっていくことを心に誓って、この文章を閉じさせていただきます。
長い文章にお付き合いいだきまして、ありがとうございました。

140612_1133~01

日生劇場主催・被災地公演~最終日~

2014.06.19 [ Edit ]

昨日の雨対策のおかげで、舞台はなんとか濡れずにすみました。
あとは本番、照明や音響機材などの機械に当たらないと良いのですが…!

本日の公演は、南相馬市の5つの小学校と幼稚園の子ども達が観劇しました。

生バンドの演奏が始まると手拍子が始まり、子ども達は一気に物語の世界に夢中になっているようでした。

客席からは子ども達の笑い声が響き、そこに混ざって大人の笑い声も!
大人も子どもも同じものを観て一緒に笑えるって本当に素敵な事ですね。

終演後に三人組がお見送りすると、子ども達は目をキラキラさせて人形と握手をして帰りました。
こういう表情をみるとあ~やって良かったなぁ!と心から思います。


さて、雨漏りの具合ですが、本番中は機材にはかからず問題なし!
ですが、舞台上はひどい雨漏りで、突然の雨の攻撃に「冷たっ!!」という瞬間が何度もありました(笑)

1幕と2幕の間では、日生劇場の斉藤さんが水浸しの床を拭きに来てくれて、私たちも、本番中メンバーが滑らないように、床をふきふき上演しました。

舞台も順調に進んで、いよいよカーテンコール!

「ありがとうございましたぁ~!」
とカッコ良く退場する瞬間、つるっ!と
滑ってコケました。
そして、体勢を立て直そうと、颯爽と立ち上がり、またコケました。
そして転がりながら退場(笑)

あ~
最後の最後にやってしまった!
恥ずかしい…!

終演後は雨漏り箇所に金盥。

140612_1209~01

あっという間に水溜まり!

140612_1303~01



今日の公演は市役所の方も観劇して下さり、舞台裏も熱心に見学されていました。

そして、地元で人気の「おこわ」と「蔵出しシュークリーム」を差し入れして下さいました!

140612_1320~01


日生劇場の島さん、笑顔で完食!

140612_1323~01

すごくおいしかった~!
温かいお心遣いありがとうございました!


日生劇場主催の『ズッコケ三人組・被災地公演』は、日生劇場の皆さんと、ひとみ座、そして被災地で生活しておられる皆さんがひとつになって実現する事ができた公演です。

子ども達が少しでも笑顔をを取り戻せるように、これからもこの活動を続けて行きたいです。

公演にご協力頂いた全ての方々に感謝いたします。
本当にありがとうございました。

140612_1321~01


日生劇場主催・被災地公演~雨漏りとの格闘~

2014.06.18 [ Edit ]

今日は南相馬市の小学校での公演です。

照明効果を存分に発揮するためには、会場に暗幕が必要なのですが、天窓に暗幕がないため、電気がついてなくてもこの明るさ。

140611_1341~01


天窓を遮蔽するためには高所の作業が必要なので、役者だけで仕込みから本番までを行うズッコケ班は、普段なら諦めてしまうのですが…。

今日は、なんと!
日生劇場技術部の松本さんと斉藤さんがお手伝いに来て下さり、颯爽とキャットウォークでの遮蔽作業をして頂き、あっという間に天窓に暗幕がつきました!!

140611_1342~02

140611_1515~03

↑分かり辛いですが、高所作業中の松本さん、斉藤さん。

松本さん、斉藤さん、本当にありがとうございました!


ですが更なる問題が発覚。

なんと、この体育館は雨漏りがするのです!
先生のお話によると、屋根の除染作業をしたら、目詰まりが無くなり、雨漏りするようになったとか。
残念な事に明日は大雨の予報が!
雨から舞台を守るため、みんなで防水シートをあちらこちらに張りました。

140611_1515~01

140611_1456~010001


技術部の松本さんは、なんと即席の雨樋まで作ってくれました!

140611_1521~01

どうか明日の本番まで雨を防いでくれ~!


作業が終わって、ホテルへ帰る途中、みんなでジェラートを食べました。

日生劇場の島さんと松本さんもご満悦(笑)

140611_1647~010001


いや~、力仕事の後は甘いものが身体に染み渡ります~!

さぁ、明日も頑張るぞ!

日生劇場主催・被災地公演~日生チームの紹介☆~

2014.06.17 [ Edit ]

被災地公演には日生劇場のスタッフの方も、朝の仕込みから加わって、力を合わせて一緒に舞台を創っています。


そんな心強いチームの皆さんを、今日はほんの少しだけご紹介♪

まずはいつも夏のミュージカル人形劇でお世話になっている、音響の千佳ちゃん☆

140609_1256~01

千佳ちゃん、ガンガン荷物を運び出して、かなりパワフルにサポートしてくれました!
終演後には、劇中の衣装を身にまとうお茶目な一面も(笑)

140609_1255~010001


似合いすぎてだれか分かりません!



それから、照明のゆみちゃん☆
可愛らしい笑顔でその存在だけで癒やされます~。

140609_1257~01

照明さんなのに、破れた幕も縫い直して頂き本当にありがとうございました!



そして統括の、ななちゃん☆

140610_1436~01

テキパキお仕事していただき、ラストの気球を飛ばすシーンのお手伝いをして頂きました。

帰りは、一緒にひょうたん島を見学に行き、楽しい時間を過ごしました。


千佳ちゃん、ゆみちゃん、ななちゃん、ありがとう!!


今回のツアーでは、10名の日生劇場の皆さんが、ズッコケ班と一緒に被災地をまわっています。

そしてなんと!!
日生劇場理事長の和田俊介さんも朝からご同行頂きました!

舞台の仕込みの様子を興味深く観察されたり、公演を観ている子ども達の楽しそうな表情を間近かに感じて頂いた様で、とても喜んでいらっしゃいました。

私たちズッコケ班のメンバーにも気さくに話し掛けて頂いて、とても有り難かったです!
和田理事長、楽しい時間をありがとうございます!


140610_0946~010001

日生劇場主催・被災地公演~ひょうたん島のある町にて~

2014.06.15 [ Edit ]

今日は大槌町での公演の様子をお伝えします。

大槌町はひとみ座の代表作『ひょっこりひょうたん島』のモデルになったといわれている『蓬莱島』があり、
まさにひょうたん島の形!

140610_1455~02



ひとみ座にとって、とても縁のある町です。

そんな大槌町も震災の時には大津波が押し寄せ、今回の公演でお世話になっている、大槌町役場で働いていた半数以上の方も津波にさらわれ、尊い命が失われました。
震災後は、『ひょっこりひょうたん島塾』が立ち上がり、ひょうたん島のキャラクターを活用して町を盛り上げていこうと、文化によって復興を目指すチームが活動を続けています。

私達も大槌町の皆さんに少しでも元気になってもらいたい!と、今日も張り切って公演してきました。
公演中は、本当に沢山の子どもたちの笑い声が体育館に響いていました。

子ども達の元気な姿を見ると大人も元気になります!

終演後に、生涯学習課の北村主任が『ひょうたん島』がよく見える場所へ案内して下さいました。

北村さんのご実家も津波で流されてしまったそうで、以前の町の様子や震災時の波の高さ等、様々なお話しをして下さいました。

ひょうたん島の近くの防波堤は、未だ震災当時のまま残っており、津波の恐ろしさを物語っています。

140610_1511~010001


もちろん、ひょうたん島にも津波が押し寄せて、シンボルでもある灯台も流されてしまい、
島の形も変わってしまったのですが、お社だけは奇跡的に無事だったそうです!


『苦しいこともあるだろさ 悲しいこともあるだろさ だけどぼくらはくじけない 泣くのはいやだ 笑っちゃおう 進め!』

ひょうたん島のテーマソングの歌詞のごとく、更なる復興に向けて、大槌町は力強く歩んでいます。

私達ひとみ座も、皆さんが元気になるような楽しいお芝居を沢山創っていきます!

140610_1505~010001

日生劇場主催・被災地公演◇2014年

2014.06.14 [ Edit ]

日生劇場さんの主催で、東日本大震災の被災地をまわる公演が今年もスタートしました。
ズッコケ班は、この公演に出演させて頂いてから今回で三年目になります。

今回は伊達市、名取市、大槌町、南相馬市にお邪魔します。

被災地公演ツアーが始まって2日目の朝、『ゴーッ!』という地鳴りで目が覚め、何だろう?と思ったら『スドン!!』と下から突き上げるような衝撃があり、一気に激しい揺れが来ました。
まだまだ余震があるのですね。
震源地付近にいたので本当にびっくりしましたが、それでも震度4。
震災の時はどんなに恐ろしかったのだろうと考えると、公演を観ている子どもたちの笑顔や笑い声が奇跡の様に思えてきます。


私達の仕事が子どもたちに出来る事は、お芝居を通じて同じ時間と空間を共有し、ドキドキ、ワクワクする事。
そして、声に出して笑うという事。

支援と一言に言っても色々なアプローチがあるけれど、お芝居を通じて、被災した子どもたちを支援していこうという活動に参加できる事が、とても嬉しいです。

全ての被災地をまわれる訳では無いかもしれないけれど、出来るだけ長く続けて、一人でも多くの子どもたちに『ズッコケ三人組』を観てもらい、沢山笑ってもらいたいです。

笑う事が一番の心のエネルギーになる!

私達もこの公演を子ども達と一緒に楽しみたいです。

140612_1134~01

新生☆ズッコケ班ついに始動!

2014.06.09 [ Edit ]

皆さんこんにちは!

5月というのに暑い日が続き、あっという間に6月!
気がついたら梅雨に突入してしまいました~。

ズッコケ班は新メンバーを迎え、5月から新生ズッコケ班としての公演が始まりました!

新しい演出と台本。
新しいキャスト。

毎日ドキドキワクワク公演しています。

5月6月は長野公演、広島公演、地元神奈川県の公演をし、今年も東北へ公演に行きます。

雨にも負けず、元気な三人組が皆様の町にもお邪魔します☆

どうか楽しみに待っていて下さいね♪


140605_1220~02

プロフィール


累計発行部数2300万部、国内の児童文学としては最大のミリオンセラーである、那須正幹作「ズッコケ三人組シリーズ」。
ひとみ座は1993年に「ズッコケ三人組」、第2弾として「あやうしズッコケ探険隊」を人形劇化し、これまでの累計公演数は2,000ステージを超え、延べ観客人数は100,000人にも及びます。
現在は人形劇「ズッコケ三人組シリーズ」第3弾として「ズッコケ時間漂流記」の人形劇を全国で上演しています。
その上演班、通称「ズッコケ班」のブログです。
hitomi_01.jpg
kitaro.png


     ●キャスト●
ハチベエ   松本美里
ハカセ      森下勝史
モーちゃん  岡本三郎
平賀源内   白井赫
佐竹左門   小林加弥子
千次      来住野正雄
おしの     松島麗


ご来場ありがとうございます!
ブログ記事の感想、劇を見た感想、
質問等ありましたら
各記事の一番下の「Comment」というところをクリックすると書けるところにいけますよ。
メールでという方はこちらから
たくさんの感想お待ちしています。

作品の詳細に関しましてはひとみ座
左上の「全国巡回レパートリー」から
詳細が見れます。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム