P1000360.jpg
過去の扉絵
人形劇団ひとみ座「ズッコケ時間漂流記」上演班のブログ
おかげさまで11周年



記事の抜粋
ハカセ骨折ズッコケ班最大の危機ハカセ復帰オオカミ少年と呼ばれた女
ズッコケバンドうっかりハチベエバックステージ夏休み初演の事節分
モーちゃんのリュックの中身お世話になりました日記帳停電アミニズム
ロビソン・クルーソーお蔵出したがか袋、されど袋8人目のメンバー
人形劇的暑蒸対策パパイヤ鈴木さんと屋久島公演トラックハマる
4125キロ|お蔵出し2

メンバーの加入、脱退
原広道脱退田中弘映加入石井セリ脱退西田由美子加入山本幸三加入

スポンサーサイト

--.--.-- [ Edit ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日生劇場主催 被災地公演2017年

2017.06.21 [ Edit ]

東日本大震災から6年。

今年も、震災で被災された地域の子供たちに人形劇を届けよう!と‎、日生劇場さんと一緒に、郡山、塩釜、山田町の3ヶ所で公演をしてきました。

6年前、ズッコケの公演で初めて行った時は瓦礫の山だった場所には、新しい建物や道路が開通し、海と町の間には巨大な堤防がたち、地面は底上げされています。

IMG_20170610_165649.jpg

IMG_20170610_172024.jpg



去年までホテルの目の前にあった辛うじて建っていたボロボロのビルは、もうなくなっていました。


新しい建物、新しい道路。


前に向かって進んで行こうという、エネルギーはすごい。
復興は一見進んでいるように見えました。

帰り道、海岸を走る車の中から、再び、新しい道路や、巨大な堤防や、底上げされた土地が見えた時、なんだか違和感を感じました。

ここに住んでいた人はどこへ行ったのだろう…
新しい建物や道路はどんどん工事しているけれど、人がいない。
ここに住んでいた人は帰ってくるのかな…
今どうしているのかな…‎

今も避難している方々の数、9万7千人。
どんな生活を送っているのかな…

物理的に復興が進んでいる所もあるかもしれない。
でも、いくら道や堤防ができても、町に人が生活して、そこに活気ある人々の姿がなければ、本当の復興ではないと思う。‎

私に出来る事はなんだろう?

ホテルのベッドで漠然と考えていたら、ズドン!!と下から突き上げる揺れ。

余震もまだまだ続いていますが、少なくとも私の住む東京では被災地の今を伝えるニュースはほとんど流れない。
遠くに住んでいる私達は震災の事を考える事も少なくなった。
一方で、復興の格差の問題、原発で避難している子供たちが受けるいじめの問題、故郷に帰る事が出来ない方々や家族や友人を失った悲しみ…たくさんの心の傷は癒える事はありません。現場には本当に沢山の問題がまだまだあります。

被災した全ての方の気持ちを、100%自分の事の様に想い、常に考え続ける事は難しいかもしれないけど、
誰かの気持ちに寄り添う事は出来るはず…

そんな事を考えている内に今回の東日本大震災復興支援公演は、あっという間に過ぎてしまいました。

旅の終わりに、日生劇場の島さんからこんなお話を聞きました。
昨年、避難している子供たちだけが通っている学校と、近隣の学校の子供たちと合同で観劇をしてもらいました。
普段は他の学校との交流が殆どなかったそうなのですが、この公演がきっかけで、その後の行事を合同で行なう事が増えたそうです。
自分たちの公演がきっかけで人との繋がりが生まれた!とても嬉しいニュースでした。

一年に数ヶ所ですが、毎年、被災地に行き公演をする事で、自分の目で現場を見て、その場所で生活をしている方々の生の声を聞き、復興に向かって奮闘している方々の姿を実際に肌で感じる事が出来る事はとても貴重な時間です。

これからも、人形劇を通じて、被災された方々を応援する事ができたら嬉しいです。

スポンサーサイト

プロフィール


累計発行部数2300万部、国内の児童文学としては最大のミリオンセラーである、那須正幹作「ズッコケ三人組シリーズ」。
ひとみ座は1993年に「ズッコケ三人組」、第2弾として「あやうしズッコケ探険隊」を人形劇化し、これまでの累計公演数は2,000ステージを超え、延べ観客人数は100,000人にも及びます。
現在は人形劇「ズッコケ三人組シリーズ」第3弾として「ズッコケ時間漂流記」の人形劇を全国で上演しています。
その上演班、通称「ズッコケ班」のブログです。
hitomi_01.jpg
kitaro.png


     ●キャスト●
ハチベエ   松本美里
ハカセ      森下勝史
モーちゃん  岡本三郎
平賀源内   白井赫
佐竹左門   小林加弥子
千次      来住野正雄
おしの     松島麗


ご来場ありがとうございます!
ブログ記事の感想、劇を見た感想、
質問等ありましたら
各記事の一番下の「Comment」というところをクリックすると書けるところにいけますよ。
メールでという方はこちらから
たくさんの感想お待ちしています。

作品の詳細に関しましてはひとみ座
左上の「全国巡回レパートリー」から
詳細が見れます。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。